テレビでも話題!「寝っ転がりダイエット」って?

「寝っ転がりダイエット」をご存じですか? フィットネス(ストレッチ)ポールに寝転んでごろごろと動くだけで、ダイエット効果が期待できる方法です。なぜこのような簡単な動きでダイエット効果が期待できるかと言うと、それは肩甲骨周辺にある褐色脂肪細胞にアプローチできるから。実は褐色脂肪細胞には、脂肪を燃やしたり代謝を上げたりする作用があるのです。

寝っ転がりダイエットの動きは誰でもチャレンジしやすいのがメリットです。今回は寝っ転がりダイエットのメカニズムと、エクササイズの方法をご紹介します。

「寝っ転がりダイエット」とは?

寝っ転がりダイエットとは、フィットネスポールの上に寝転んで、ごろごろするだけのダイエット方法です。左右に揺れたり、腕を上げ下げしたりといった簡単な動きだけで良いので、誰でも気軽にチャレンジしやすいダイエット方法と言えます。

過去にはTV番組でも、この寝っ転がりダイエットが紹介されました。番組内で寝っ転がりダイエットを実践した女性は、大幅な減量に成功。効果に個人差があるとはいえ、実際にこのTV番組を観ていた人の多くが、「自分も試してみたい」と思ったのではないでしょうか。

思い立ったら始められるダイエット方法なので、みなさんもぜひこの記事を読んで実践してみてくださいね。

寝っ転がりダイエットで痩せる理由

寝っ転がりダイエットの方法を解説する前に、そのメカニズムについて説明しましょう。寝っ転がりダイエットが効果的な理由は、肩甲骨周辺の褐色脂肪細胞にあります。

褐色脂肪細胞とは、代謝を上げたり、脂肪を燃焼させるのを助けたりする働きを持つ細胞です。フィットネスポールを使って肩甲骨まわりを刺激すると、この褐色脂肪細胞の活性化に効果的と言われています。つまりフィットネスポールの上で寝転んでごろごろ動くと、痩せやすい身体を目指すことができるのですね。

簡単にできる寝っ転がりダイエットの方法

寝っ転がりダイエットの魅力は、その手軽さ。フィットネスポールの上に寝転んで左右に揺れるだけで、ダイエット効果が期待できます。あなたも思い立ったときに始められるでしょう。

さらにここからは、寝っ転がりダイエットをより効果的にするためのエクササイズ方法を紹介します。ポイントは「肩甲骨まわりへの刺激」ですよ。

腕の上下運動

  1. フィットネスポールの上に寝転んで、左右の手は、手のひらを上に向けて床につけます。
  2. 両腕をゆっくり、軽く上に持ち上げます。手は完全に真上にするのではなく、おへその左右に来るくらいの位置にしましょう。
  3. 両腕をしっかり、天井に向かって伸ばします。指先に力は入れません。
  4. 肩の力を抜いて、2の位置に手を戻します。
  5. 3~4を10回繰り返し、1の姿勢に戻ります。

腕の上下運動(応用)

  1. フィットネスポールの上に寝転んで、左右の手は、手のひらを上に向けて床につけます。
  2. 両腕をゆっくり、軽く上に持ち上げます。手は完全に真上にするのではなく、おへその左右に来るくらいの位置にしましょう。
  3. 両腕をしっかり、天井に向かって伸ばします。指先に力は入れません。
  4. 肩の力を抜いて、2の位置に腕を戻します。
  5. 腕を4の位置よりも少し頭に近い位置に移動させます。
  6. 両腕をしっかり、天井に向かって伸ばします。指先に力は入れません。
  7. 肩の力を抜いて、5の位置に腕を戻します。
  8. 腕を5よりもまた少し頭に近い位置に移動させます。この要領で腕を上下させながら、頭に向かって腕を移動させていきます。
  9. 今度は腕を上下させながら徐々に腰の位置まで持っていき、2の位置に戻します。
  10. 右腕だけを天井に向かって伸ばし、戻します。
  11. 左腕だけを天井に向かって伸ばし、戻します。左右5回ずつ行います。

肩交互運動

  1. フィットネスポールの上に寝転びます。
  2. 両肘は床に着け、左右の手は指先を天井に向けます。
  3. 肘は床に着けたまま、左手を頭側に、右手を腰側に倒します。
  4. 今度は左手を腰側、右手を頭側に倒します。
  5. そのまま左右の手を交互に頭側、腰側に繰り返し倒すのを繰り返します。10回行えば完了です。

以上が寝っ転がりダイエットの方法です。もし文章で読んでわかりにくければ、動画を検索してみてください。「寝っ転がりダイエット 動画」などのキーワードで検索すると、複数の動画がヒットしますよ。

バスタオルで代用することも可能

ここまで紹介した寝っ転がりダイエットは「フィットネスポールが絶対必要か」と言われると、実はそうではありません。フィットネスポールがなければ、バスタオルで代用可能なのです。

バスタオルを代用する場合は、バスタオルをフィットネスポールのような形と大きさに丸めてガムテープで固定しましょう。フィットネスポール購入に迷う場合や、効果のほどが気になる場合は、バスタオルを代用して試してみるのもおすすめです。

続けることが大事!

寝っ転がりダイエットは、運動が苦手な人でも簡単に行うことができます。あなたも音楽やラジオを流して「ながらエクササイズ」を楽しみませんか? このようなエクササイズは、気分のリフレッシュにもつながるでしょう。

また寝っ転がりダイエットに使うフィットネスポールは、決して高額ではありません。ジムに登録することを考えるとむしろリーズナブルでしょう。細長くてそれほどかさばることもないですし、使わないときはクローゼットに立てて収納もできます。

ダイエットの基本は「継続」です。効果が出るまで続けなければ、どんな運動をしても痩せないもの。なので運動が苦手な人が急に激しいエクササイズを始めても、継続できなければ元も子もないのです。

またランニングなどの有酸素運動は、忙しかったり疲れたりしていると「今日はやめておこう……」と思ってしまいがち。しかし今回紹介したような簡単なダイエット方法であれば、忙しい人でも挫折しにくいのではないでしょうか。

あなたも今日から寝っ転がりダイエットを実践して、痩せやすい身体づくりを目指してくださいね。

ストレッチポール │ 肩甲骨の運動 StretchPole® Exercise; Basic Seven 2: Scapula Ex.
ストレッチポール | 肩甲骨の運動(応用編)
寝っころがりダイエットで、30キロやせ!驚異の方法