健康痩せの基本ルール「痩せる食べ方を継続する」

健康的に美しくダイエットをするための、「基本ルール」があることをご存知ですか? それが今回ご紹介する「痩せる食べ方」です。

実は、同じ物を同じだけ食べるにも、「痩せる食べ方」があるのです。我慢せずに、あるルールにのっとって食べるだけで痩せやすくなるなら、嬉しい限りですよね。

この記事でご紹介する「痩せる食べ方」とは、「懐石食べ」のこと。食べる順番を変えるだけの単純なやり方ですが、ダイエット効果が期待できる方法です。さっそく詳しい方法をご紹介しましょう。

太る食べ方・痩せる食べ方

同じものを同じ量だけ食べるのでも、食べる順番が違うだけで、太りやすかったり痩せやすかったりします。あなたも健康的に痩せるための食べる順番を守り、よく噛むことを心掛けましょう。

早食いの人ほど太りやすい

あまり噛まずに食事をすると、満足感が得られにくい傾向があります。そのため、どんどん食べてしまい、肥満を招きます。

一方、よく噛んでゆっくり食べると、顎の筋肉の運動神経や感覚神経が満腹中枢を刺激し、満腹感を得られやすくなります。その結果、少ない量でも満足でき、ダイエット効果が期待できるのです。

充分な満腹感を得るためには、一口につき30回は噛むようにしましょう。一口を少なめにして、お箸を休めながら食べるように心がければ、自然とゆっくりとしたスピードになります。

また、主食を玄米にしたり、おかずに根菜類を多く含めたりするなど、よく噛まないと食べられないものを積極的に取り入れるのも、一つの方法です。

懐石食べで、ご飯は最後に

日本では、満遍なく食事をする「三角食べ」が一般的に知られていますよね。しかし、美しく健康的なダイエットのためには、「懐石食べ」をおすすめしたいです。

「懐石食べ」では、まず、野菜・海藻(食物繊維)・味噌汁、次に肉・魚介類などのおかず(主菜)、最後に主食(ご飯など)と言った順番に、一品ずつ食べていきます。

「懐石食べ」では、ご飯を最後に食べることになります。つまり、ご飯を食べるときには、おかずはすでにない状態。ですから、「ご飯のお代わり」が発生しにくく、糖質の取り過ぎを防ぐことができます。

さらに、副菜の品数を増やすと、最後に食べるご飯の量を自然と減らすことができ、より効果が期待できますよ。

無理のない方法で痩せよう

「すぐに痩せよう」と思うと、極端なダイエットに走りがちです。激しい運動や大幅なカロリー制限が強いられるダイエット方法では、継続しにくく、成功は望めないでしょう。また、短期間に集中して減量し過ぎると、すぐに元に戻ってしまいやすい傾向があります。

体の「恒常性(ホメオスタシス)」を理解したダイエットを

体には、「恒常性(ホメオスタシス)」という機能が備わっています。短期間で急激に痩せてしまうと、体は「異常な状態」と察知し、短期間で元の体重に戻ろうとします。

体自身が「いまの状態が通常だ」と認識するためには、最低でも3か月は必要です。ですから、健康的なダイエットのためには、「3か月で体脂肪を落とし、そのまま落とした状態でさらに3か月維持する」必要があります。

「1か月でマイナス1kg程度」を目安に痩せる

「1か月でマイナス3kg」「3か月でマイナス10kg」などの急激なダイエットは、体にさまざまな変調を引き起こす要因となります。例えば、女性であれば生理不順を引き起こしたり、貧血、免疫力の低下につながったりします。

また、短期間での急激な減量はリバウンドの可能性を高めるだけでなく、同時に痩せにくい体質を作る原因にもなってしまいます。なぜなら、体が「飢餓状態」と判断するために脂肪を溜め込みやすくなったり、急激な食制限でタンパク質不足になり、筋肉量が減り、基礎代謝が落ちたりする要因になるからです。

長期的に継続できるダイエットでリバウンドを防ぐ

ダイエットで最も大切なのは、短期間で効果を出すことではなく、長期的に見て結果が出ていることです。3か月かけて体脂肪や体重を落とし、その後の3か月でどのくらいリバウンドしないで維持できているか、ということを意識しましょう。

ダイエットを始めると、すぐに結果を出したい気持ちになりがちです。しかし、痩せやすい体質に改善するには、少なくとも半年は必要なのです。

健康にきれいに痩せるためには、この「半年」を目安に気長にがんばりましょう。前述したように、理想的な減量目標は、「1か月でマイナス1kg程度」です。理想の体重とかなりかけ離れている人でも、1か月に1kg減量すると、1年で合計12kg減量できる計算になります。

ずっと続けられるダイエットレシピ

「ゆっくりと痩せよう」と思えば、食事に気負いし過ぎる必要はありません。例えば、いままで好きなものを好きなだけ食べる生活をしていたとしたら、以下の4点に気を付けるだけでも、ダイエット成功への近道になるでしょう。

  1. 食べるものを選ぶ
  2. 食べる量を少し減らす
  3. 調理方法と味付けを工夫する
  4. 食べ方に気を付ける

ダイエット食の理想は、ダイエットに成功した後ずっと続けられることです。成功を手に入れたからといって、決して元の食生活に戻ってはいけません。健康的な食事を続けることで、リバウンドなく思い描いていた体型を保つことができるのです。

まとめ

食べ物はよく噛んでゆっくりと食べましょう。そうすると少量でも満腹感を感じやすくなり、ダイエット効果が期待できます。さらにおすすめしたいのは「懐石食べ」です。この方法を実践し、食べ過ぎを防ぎましょう。

ダイエット中に大切なのは、長期的に継続しやすいダイエット方法を、実際に続けていくことです。短期間で結果を出そうとせず、気長に少しずつがんばりましょう。1か月にマイナス1kg程度を目安に痩せるのが理想ですよ。

ダイエット中の食事についてもっと知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。