3つの方法でセルライトを除去しよう

太ももやおしりにできてしまう、憎い凸凹「セルライト」。「ダイエットで体重は減らせたのに、セルライトが改善できない」と悩む人は多いのではないでしょうか。

実は、セルライトは体型関係なくできるもの。一説によると、日本人女性の8割がセルライトに悩まされているのだとか。では、どうやったらセルライトをなくせるのでしょうか。今回はセルライト除去に効果的な3つの方法をご紹介します。

そもそもセルライトとは?

「セルライト=脂肪」と思われがちですが、実際は「皮膚に凸凹ができた状態」のことを指します。その正体は、脂肪と老廃物の塊。おしりや太ももの皮下脂肪が、脂肪を包む袋状の「結合組織」と呼ばれる場所からはみ出た状態です。

「太るとセルライトが増える」という説がありますが、これはおしりや太ももの筋肉が少なかったり、脂肪がついたりすると、血流が低下してセルライト悪化の原因になるためです。

また、筋トレすればセルライトが減少するわけでもありません。また、セルライトを改善させずに運動しても、セルライトに酸素や栄養を与えてしまうだけ……という事態も起こり得ます。

超音波によるセルライト除去

セルライトを除去するのに効果的なのが、超音波機器を使った施術です。「キャビテーション」と呼ばれるもので、超音波で脂肪やセルライトを分解・乳化させる、最新のセルライト除去法です。

キャビテーションによって乳化されたセルライトは、リンパ管などを通じて、尿と一緒に体外へ排出されます。この施術は、一部のサロンで受けることができます。サロン選びの際は、以下のような詳細も確認しましょう。

  • 最新機器を使っている
  • 科学的根拠がある
  • ヘッド部分の素材が安全

合わせて、サロンの口コミでキャビテーションの評価を調べたり、実際に体験コースを受けたりするのもおすすめです。

施術の頻度は?

女性の身体はホルモンの作用で、3週間に1回のサイクルでセルライトが溜まりやすい状態になります。そこで週に1回~10日に1回くらいの頻度で施術を受け、溜まったセルライトを除去していくのが理想的です。

マッサージによるセルライトの排出

超音波の効果で乳化させたセルライトは、そのまま尿と一緒に排出されます。それをより早く行えるように促すのが、マッサージです。器具を使って、筋肉の深部に届くマッサージを行い、血行とリンパの流れを良くすることで、排出の効果を物理的に上げるのです。

痛いハンドマッサージは効果なし?

いわゆる「痛いけどセルライトに効くハンドマッサージ」を受けられるサロンもありますよね。しかしこのような施術は、一時的に身体のパーツ位置が変わり、サイズダウンして見えるだけということもあります。

この場合、血行促進効果はあっても、痩身効果はあくまで一時的なもの。しかも、セルライトケアとしての確実性はありません。

リンパマッサージでセルフケア

キャビテーションを受けたあとは、セルフケアを行うことが大切です。乳化したセルライトは老廃物としてリンパ管を通って排出されるので、リンパマッサージで排出を促してあげましょう。

リンパマッサージのメリット

リンパマッサージのメリットは、以下のようなものがあります。

続けていけば柔軟性と効率が上がる

慣れないうちは、狭い範囲にしか手が届かず、効率的にマッサージできないかもしれません。しかし毎日続けていくうちに、少しずつ柔軟になってきます。マッサージできる範囲が広がってくるので、リンパの流れを促進する効率も上がります。

エネルギー産生を活発にして、カロリーを脂肪に変えない

広範囲をマッサージすると、少し疲れを感じます。しかし表面温度が上昇してポカポカすると、血管が拡張して血流もアップします。その結果、酸素や栄養が身体に行きわたり、エネルギー産生が活発に。

このエネルギー産生が十分できていると、摂ったカロリーが活動のためのエネルギーに変わりますが、できていなければカロリーは余分な脂肪として蓄えられてしまいます。つまり、リンパマッサージはセルライト排出を促すだけでなく、身体を表面から温めることで脂肪がつくのを防ぐ効果が期待できる、というわけですね。

冷えやむくみ、コリを改善、代謝アップ

リンパマッサージは、リンパ管だけでなく毛細血管も刺激するため、血流が促進されます。その結果、冷えやむくみの改善、肩や首、腰のコリ軽減にもつながります。

美肌効果

リンパの流れが改善されることで、乳化したセルライト以外にも老廃物の排出がスムーズになります。その結果、肌のターンオーバーも促されるので、キメの整ったきれいな肌を目指すことができます。

リンパマッサージのポイント

ここでは、各部位のリンパマッサージのポイントを解説します。あなたもお気に入りのボディジェルなどを使って、早速やってみましょう。

おしり

腰の中心部分から両手を下ろし、左右同時に、ヒップの下→外側→上→内側と、円を描くようにさすります。

太もも

膝から、脚の付け根付近にある鼠経(そけい)リンパ節に向かって、左右の手で交互にさすり上げます。脚の内側だけでなく、外側もマッサージしましょう。

ふくらはぎ

ふくらはぎの真ん中から、膝裏にあるリンパ節まで左右の手で交互にさすり上げます。脚の内側も外側もマッサージします。

お腹

おへそを中心に、時計回りに円を描くようにさすります。その後、みぞおちから左右の鼠経リンパ節に向かって、人差し指から小指までの4本の指を使ってさすり下ろします。

背中・腰

なるべく肩甲骨に近い高い位置から腰に向かって、両手の平で左右同時にさすり下ろします。

手首を軽くつかんで、まっすぐ腕の付け根を通って、脇の下にあるリンパ節に向かってリンパを流すようにさすり上げます。

まとめ

いかがでしたか? 自分では対処するのが難しいセルライトですが、施術とセルフケアを上手く組み合わせることで、スムーズに除去することが可能です。

今回紹介したキャビテーションは、痛みを伴いません。そしてセルフケアのリンパマッサージは、身体の不調改善や美肌効果など、メリットがたくさんあります。

まずはお近くの、キャビテーションを行っているサロンを探して、相談してみてくださいね。あなたもセルライトのない、なめらかな美ボディを目指しましょう。

セルライトについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非合わせて読んでみてくださいね。