自分でできる骨盤矯正。これなら自宅で毎日続けられる!

巷でよく目にする「骨盤矯正」。何のためにするものなのかご存知ですか?

骨盤の歪みは、私たちの体に多くの影響を及ぼします。自宅でできるセルフケア方法を知って、早期に改善を試みましょう。

そもそも骨盤矯正って?

「骨盤矯正」が何なのかご存知ですか?ここ最近では「骨盤矯正」の文字を看板に掲げている整骨院やストレッチ店が増えているため、言葉自体はどこかで見聞きしたことがあると思います。

骨盤とは、人体の腰のあたりにある大きな骨のこと。私たちの体を支える大切なパーツです。脚を開閉する際に広がったり閉じたりする、活動するうえで必要不可欠な骨といえます。しかし、骨盤は日頃の姿勢や行動のクセなどにより正常な位置を保てず、歪んでしまうことがあるのです。

骨盤矯正とは、そうした歪んでしまった骨盤の左右前後のズレを直し、本来の状態へと導くもののことを指します。妊娠・出産を経験した女性であれば、出産で広がった骨盤を締めるサポートとして骨盤矯正や骨盤矯正ベルトの存在を知っている方も多いのではないでしょうか。

骨盤の歪みは、筋肉や骨格にも影響を及ぼし、体調にも変化を引き起こします。歪んだまま放置せず、骨盤矯正により正しい位置に戻してあげましょう。

整骨院や接骨院といった治療院で施術を受けるほか、自分でできるストレッチでも改善を図ることができます。「いきなり治療に行くのはちょっと…」「わざわざ通う時間がない」という方は、ぜひセルフケアを試してみてくださいね。

ところで骨盤ゆがむ原因は?

そもそも、妊娠や出産という大きな力がかかるわけではない状態で、なぜ骨盤が歪んでしまうのでしょうか。

骨盤が歪んでしまう原因の多くは、日々の生活習慣です。代表的な例では、以下のような日常生活でのクセが体の歪みを引き起こしています。

  • 立っている時にいつも同じ方に重心をかけている
  • いつも同じ方で荷物を持っている
  • よく足を組む
  • 猫背

重心の掛け方や荷物の持ち方は、ともに負荷を左右どちらかに偏ってかけることが共通点です。

足を組む姿勢は、その姿勢自体が左右非対称で傾いたものになります。足を組まずにいられない方は、すでに骨盤が開いているのが原因である可能性があります。

これらの原因が左右の歪みを引き起こすことに対し、猫背は前後の歪みの原因となります。上からまっすぐ正しい位置に上半身が乗らないため、猫背の場合は後ろに傾いた状態に、反対に反り腰では前傾状態になってしまうのです。

では骨盤が歪んでしまうと、一体どのような影響が及ぶのでしょうか。代表例を見てみましょう。

  • 下半身太り
  • 姿勢が崩れる
  • 肩コリ、腰痛
  • お腹が出る

下半身太りや、肩コリや腰痛が引き起こされたりするのは、骨盤の歪みによる血行不良です。正常な状態であればかかるはずのない部位に体重がかかるため、血行が悪くなり、コリや代謝不良を引き起こします。その結果、痛み・太りやすさが生じるわけです。

お腹が出るのも、骨盤の歪みが原因となっているケースが多くみられます。内臓を正しい位置で支えられなくなるために、徐々に下がってきてしまいぽっこり出た状態になってしまうのです。見た目だけではなく、内臓が圧迫されることで便秘などの健康状態に影響が及ぶこともあります。

自分でできる!骨盤矯正ストレッチ

骨盤矯正は、わざわざ整骨院などに通い治療をしなければ行えないと思っていませんか?実は、自分でできるストレッチでも骨盤の歪みを正していくことができるのです。

ここでは、自分でできる骨盤矯正ストレッチを紹介します。あわせて骨盤矯正をする際の注意点も紹介します。

寝ながらできるストレッチ

脚ひねり

仰向けに寝転がり、足裏を床につけた状態で両膝を立てます。両肩を床につけたままの状態で、両膝をしっかりくっつけたまま右側へゆっくり倒していきましょう。倒す際は息をゆっくり吐きながら行うのがコツです。

吸いながらだんだんと脚をもとの位置まで戻し、同様に左側へも倒していきましょう。

体ゆらし

仰向けに寝転がり、脚を曲げて腕で両膝を抱えます。そのままの姿勢で、体を前後に揺らしましょう。

太ももの付け根ストレッチ

仰向けに寝転がり、右膝を曲げて両手で体に引き寄せます。左手で足首をつかみ、太ももの付け根が痛むギリギリまで手前に引っぱり、40秒程度キープさせましょう。

左膝も同様にして行います。その際は右手で足首をつかみましょう。

ブリッジ

体育のストレッチや体操でやったことがあるでしょう。仰向けに寝たまま両膝を立て、肩幅程度に脚を開きます。そのまま両手を床につけ、おしりを上げた姿勢を1分程度キープします。

関節開閉

足裏同士をくっつけて座り、膝の内側を外側に押した状態をキープします。その後、仰向けに寝転がり、肩幅より広く足を広げ、両膝を立てましょう。両手は床につけておきます。そこから両膝をゆっくりと閉じていき、太ももの内側をぴったりとくっつけます。骨盤が狭まるイメージをしながら、40秒ほどキープしましょう。

骨盤を立てるストレッチ

脚を伸ばして座り、右膝と立てましょう。おしりを浮かさずに右脚で左脚をまたぎ、15秒キープします。背筋を伸ばし、腹筋に力を入れた状態でキープするようにしましょう。左右を交代し、2セット行います。

注意点

寝ながら行うもの、座って行うものいずれも、布団ではなく平らな床の上で行いましょう。また、即日改善されるものではないため、毎日ストレッチを習慣化させることが大切です。

歪む原因となる姿勢や習慣を正していくことも必要でしょう。

骨盤矯正することでメリットたくさん

骨盤を強制すると、歪みにより生じていた「内臓の働きの鈍り」「下半身太り」「姿勢の悪さ」「つまづきなどによるケガの危険性」が改善されます。ダイエットの効果が出ないというお悩みも改善される可能性がありますよ。

骨盤を正しい位置に戻したあとは、キープするために必要な筋肉をつけていくことも必要です。ストレッチは毎日行い、歪みが戻らないような生活習慣を身につけましょう。